白菜おくるみの巻き方とは

白菜おくるみの巻き方を写真付きで徹底解説

白菜おくるみの巻き方とは

SNSなどで話題の野菜(白菜)おくるみですが、販売されているウェブサイトの写真のような巻き方をするにはどうすれば良いのか?というお声をよくお聞きします。

まず前提としておくるみに限らず多くの商品で、ウェブサイトで表示されている商品の利用シーンの写真などは、全くそれ通りのことが実現できるということではなく、一例のイメージとして訴求しているものがあります。

本記事ではそれを踏まえた上で、出来るだけイメージに近い白菜おくるみの巻き方やその他どのような巻き方があるのかなどを解説していきます。

関連: 白菜おくるみが写真と違う?理由と正しい購入方法について

白菜おくるみの巻き方を徹底解説

さっそく白菜おくるみの巻き方についてのご紹介ですが、まずは以下のような実際に白菜おくるみを使用されている方のSNSなどの投稿写真でイメージをもっていただけたらと思います。

白菜おくるみ巻き方 

白菜おくるみ巻き方

白菜おくるみ巻き方

このように、どのように巻くかやどのような見た目を期待するかにもよりますが、おおよそ白菜に包まれた赤ちゃんという写真にはなっているかと思います。

このように、まずは色々な見た目の可能性があることを踏まえた上で、ある程度は白菜のような表現になっているという理解が必要でしょう。

赤ちゃんにおくるみを巻くときのポイント

では実際にどのような巻き方があるのかを以下の図を参考にご紹介します。

白菜おくるみ巻き方

参照:https://item.rakuten.co.jp/frontierballoon/fta413/

以下のような動画で紹介している例もありますので、こちらも参考にすると良いでしょう。

 

また人間の赤ちゃんだけではなく、猫を白菜おくるみで巻いている方もいましたので、こちらも参考までに共有します。

猫を白菜おくるみで包んでみた動画

白菜おくるみの巻き方のポイントと注意点

赤ちゃんの新生児から使える白菜おくるみの巻き方について、以下の順序でおくるみのプロの目線でわかりやすい文章をご提供いたします。

赤ちゃんの新生児から使える白菜おくるみの巻き方

新生児において、白菜おくるみは安全かつ効果的な方法です。おくるみを巻くことで、赤ちゃんにとって心地よい環境を提供し、安定感や温かさを感じさせることができると思います。

ただ以下のような注意点もありますので、これらの店にも留意して利用してみてください。

  • 白菜の葉が赤ちゃんの顔を覆わないように注意しましょう。
  • 白菜の葉がずれないように、適度な締め付け具合で巻くことが大切です。
  • 赤ちゃんが不快感を示す場合は、すぐにおくるみを解いてください。

このように白菜おくるみは、赤ちゃんの新生児から使える安全で効果的な方法です。適切な白菜の選び方と巻き方に注意しながら行うことで、赤ちゃんに心地よさと安心感を提供することができます。

ただし、赤ちゃんの様子を常に観察し、不快感がある場合はすぐにおくるみを解くようにしてください。

抱っこしながら使える便利な白菜おくるみの巻き方を徹底解説

白菜おくるみは、赤ちゃんを優しく包み込み、安心感を与えるだけでなく、抱っこしながらも使える便利なアイテムです。

正しい巻き方をマスターすれば、外出先でも簡単に赤ちゃんを落ち着かせることができます。

国立成育医療研究センターの研究によると、おくるみで包まれた赤ちゃんは、そうでない赤ちゃんよりも睡眠時間が長くなることがわかっています。

またイギリスの研究によると、おくるみで包まれた赤ちゃんは、そうでない赤ちゃんよりも泣き叫ぶ時間が短くなることがわかっています。

例えば以下のようなシーンで利用の場合のステップをご紹介します。

1. 寝かしつけ

    1. 赤ちゃんを仰向けに寝かせ、おくるみを広げます
    2. 赤ちゃんの左側にあるおくるみの端を、右側から左側に巻き込みます
    3. 赤ちゃんの右側にあるおくるみの端を、左側右側巻き込みます
    4. 下端のおくるみを、赤ちゃんの足元に巻き込みます
    5. 上端のおくるみを、赤ちゃんの胸元に巻き込み、マジックテープで留めます。

2. 抱っこ

    1. 赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこします
    2. おくるみを広げ、赤ちゃんの背中から肩にかけて掛けます
    3. おくるみの両端を、赤ちゃんの前で交差させます
    4. おくるみの両端を、赤ちゃんの背後で結びます

このように白菜おくるみは、赤ちゃんを優しく包み込み、安心感を与えるだけでなく、抱っこしながらも使える便利なアイテムです。

正しい巻き方をマスターすれば、外出先でも簡単に赤ちゃんを落ち着かせることができます。

白菜おくるみの魅力を徹底解説

ここでは白菜おくるみについて、実際の口コミやレビューなどをご紹介します。

簡単に手に入る白菜おくるみの感触と効果

白菜おくるみには、以下のような効果があるというお声をよくいただきます。

  • 白菜おくるみは、赤ちゃんの頭から足までをしっかりと包み込むことができるので、安心感を与え、泣き止む効果があります。
  • 抱っこ紐の上から巻くことができるので、外出先でも簡単に赤ちゃんを落ち着かせることができます。
  • 適度な圧力で赤ちゃんを包み込むことで、モロー反射を抑え、睡眠を促す効果があります。
  • 通気性の良い素材で作られているので、夏でも涼しく快適に使用できます。

    レビュー評価ランキング!白菜おくるみがもたらす新しい体験

    以下はAmazonでの一部レビューを抜粋したものです。

    軽いのに表も裏もふわふわで、触り心地がよく、赤さんもニコニコです。かわいくて、家族で大笑い!!白菜から生まれた白菜太郎になりますよ。2ヶ月半の子ですが、大きさもたっぷりあります。ちゃんと寝具としても使えるので、楽しくて実用的です。

     出産プレゼント用に。
    可愛いと喜んでもらえました。
    生地の肌触りがめちゃくちゃいいようで、これで包むとすぐ寝るって(笑)

    おふざけでプレゼントするのですが、私が欲しいくらい可愛いです!

    赤ちゃんの肌触りにこだわった白菜おくるみの魅力とは?

    赤ちゃんのおくるみにおいて、肌触りは非常に重要な要素です。白菜をモチーフにしたおくるみは、そのユニークなデザインだけでなく、赤ちゃんの敏感な肌を考慮した素材選びにも特に配慮がなされています。

    以下にその魅力をいくつかご紹介します。

    1. 柔らかな素材: 肌触りにこだわったおくるみは、通常オーガニックコットンや竹繊維など、自然由来で肌に優しい素材を使用しています。これらの素材は、赤ちゃんの肌に優しく、かつ吸湿性に優れているため、汗をかいても快適さを保つことができます。

    2. 安全性: 赤ちゃんの商品においては、安全性が最優先されます。赤ちゃんの肌に直接触れることを考えると、アレルギーや肌荒れを引き起こしにくい素材が選ばれることが多いです。また、無毒で肌に刺激を与えない染料やプリントの使用も重要です。

    3. 保温性と通気性のバランス: 赤ちゃんは体温調節が未熟なため、保温性と通気性がともに優れたおくるみは理想的です。白菜おくるみは、温度調節を助けるような素材で作られていることが多く、赤ちゃんが快適な体温を保てるようになっています。

    4. ユニークなデザイン: 白菜を模したおくるみは、見た目にも楽しいデザインが施されています。赤ちゃんへの贈り物として、また親が日常的に使用する際にも、そのユニークさがほほえましさを引き出し、親子のコミュニケーションを豊かにします。

    5. 多機能性: おくるみは赤ちゃんを包むだけではなく、授乳カバーやチェンジマット、ベビーカーの日よけなど、さまざまな用途に使用することができる多機能性も魅力の一つです。

    これらの点を踏まえ、白菜おくるみは赤ちゃんの肌にやさしく、かつ実用的でありながら遊び心あるデザインが魅力と言えます。

    赤ちゃんの快適さと親の使い勝手を考慮した、こだわりのアイテムとして人気があるのです。

    まとめ|白菜おくるみの巻き方について

    赤ちゃんの肌触りにこだわった白菜おくるみは、柔らかなフランネル生地を使用し、赤ちゃんの敏感な肌を守ります。

    保温と通気性に優れ、快適な体温維持を助けるとともに、白菜のユニークなデザインが親子の笑顔を作ると思います。

    また、おくるみは授乳カバーや日よけとしても活躍します。本記事を通して少しでも白菜おくるみの使用の仕方をイメージいただき、良い思い出を作っていただけますと幸いです。